お父さんの大事な話

~ 子供に伝えたい!! お父さんの熱い思いをひたすら語るブログです ~

「しんどいこと」に向き合う

人生「楽あれば苦あり 苦あれば楽あり」というけど・・・
しんどいことの方が多いよなあ
(学研 故事ことわざ辞典)

 

 毎日生活していく中で、「楽しいこと」もあれば「しんどいこと」もある。

みんなは、「楽しいこと」と「しんどいこと」とどっちが多いかな?

 

 「楽しいこと」ばっかりっていう人はほとんどいないだろう。(いたらゴメン!)

むしろ、「しんどいこと」の方が多い、という人の方がたくさんいるんじゃないかな?

 

 学校に行くために朝起きるのもつらいし、勉強はもちろん、好きで入ったクラブ活動でさえ「しんどいこと」がある。人前で発表するのが苦手なのに発表しなければならない時なんかも嫌だよね。

 

 友達との人間関係や親子・兄弟姉妹など家族であっても、人間関係の悩みはいろいろあるだろう。

 

 自分の苦手なこと、不得意なことに向き合わなければならない場合の「しんどいこと」や、人間関係などで悩む「しんどいこと」など「しんどいこと」にもいろいろある。

 

 お父さんも一緒だよ。朝起きて仕事に行くのもしんどいし、難しい仕事を抱えたときは頭を抱えて悩むこともある。お客さんによっても優しい人もいれば、気難しい人もいる。気難しい人に対応するのは、なかなかしんどいもんだよ。

 

 失敗して、お客さんに怒られるのが分かっていて謝りに行かなきゃならないこともある。そんな時は、謝りに行くのに足取りが重くなるね・・・できれば行きたくない!!

 

 それでも、残念ながら、その「しんどいこと」から逃げずに向き合って乗り越えていかなきゃならない。

 

 そして、それを乗り越えていくと、一つ一つ経験になって、自分の身となり成長することができるんだ。「しんどいこと」から逃げ回っていたら成長はない。

 

「良いこと」って「しんどいこと」が多いんだよ。

 

 「しんどいこと」から逃げて、楽なことだけ、自分の好きなことだけをやっていたら、それはその時は楽だけど、結局、長い目で見たら良い結果につながることはほとんどない。かえって、楽をした分、そのあとにもっと大変なことになって、もっと「しんどいこと」になる。

 

 最初にちょっと頑張って、少しの「しんどいこと」を乗り越えたら後が楽になる。それをほったらかしておくと、あとからものすごく大変な「しんどいこと」が襲ってくる。

 

 仕事の失敗でも同じで、早い段階ですぐに対応して、謝って修正すれば大きな問題にならないことも、「ちょっとくらい大丈夫だろう」と、ほっておいてあとから問題が発覚した方が大問題になるし、解決することがより大変になる。

 

 同じように、みんなも今の若いうちに、勉強もせずに遊んでばかりいたら、大人になった時にきっと苦労することになるぞ!

 

 学生は学生なりに、いろいろと大変なこともあるだろうけど、「しんどいこと」から簡単に逃げることなく、頑張って努力して、いろいろなことを乗り越えていってほしい。

 

 そして、何があっても簡単にはへこたれない大人になってね!!

 そうすれば、自然に道は開ける!!