お父さんの大事な話

~ 子供に伝えたい!! お父さんの熱い思いをひたすら語るブログです ~

あ・お・い・く・ま・・・「まけるな」

これからまた寒い冬がやってくる
しんどいことに負けないで…

 

 これは、前に「負けていけ」というお話をしたから、「言ってることが違うんじゃないの?」「矛盾(むじゅん…つじつまが合わないこと)してるんじゃないの?」と思うかもしれないね。

 

 でも、そうじゃない。とするとどういう意味だと思う?

 

 「負けていけ」は、相手(他人)に対して、「負けていけ」ということだったよね。

今回の、「負けるな」は、「相手(他人)に負けるな」という意味ではなくて、「自分に負けるな」という意味だ。「自分の弱い心に負けるな」ということだね。

 

 「克己心(こっきしん)」という言葉がある。「自分のなまけ心や欲望に打ち勝つ」という意味だ。人間、誰だって楽したいし、しんどいことはしたくない。でも、だいたい「良いこと」っていうのは、面倒だったり大変だったりすることが多い。

 

 AかBの二つのうちどちらか一つを選べなきゃいけない場合に、Aを選んだほうが良いことは分かっているけどめんどくさい場合と、Bを選べば楽だけど結果はどうなるか分からない場合に、どれだけAを選ぶことができるかが大事だ。

 

 例えば、友達とケンカした時に、自分から謝って仲直りするか、ほっておいてその結果、その友達とは仲直りできずにそのまま友達でなくなってしまうような場合、どちらが良いだろうか?

 「自分から謝るのは嫌だなあ」と思っても、その自分の弱い心に打ち勝って、ちょっと勇気を出して、一言「ごめんね」といって仲直りすれば、友達を一人なくさずにすむね。

 

 人生は、こういう選択(いろいろある中からどれかを選ぶこと)する場面の連続だ。

 

 何気ない日常生活の中で、この小さな選択の積み重ねの中から、どれだけたくさん良い方を選ぶことができるかどうかが、実は、あなたたちの人生がより良いものになるかならないかに大きな影響を及ぼすんだよ。

 

 人生は、残念ながら二つの道をやり比べることができない。日常の小さな選択も、どこの高校や大学を受験するとか、どこの会社に就職するとかの大きな選択も二つやってみてから決めることはできない。

 

 そして、日常の小さな選択の中で、なるべくたくさん良い方の選択を積み重ねるためには、「克己心」が重要になってくる。さっきも言ったけど、良いことというのはだいたいめんどくさいことや大変なことが多い。自分の弱い心を乗り越えて、そのめんどくさいことや大変なことから逃げずに正面から向き合っていく努力が必要だ。

 

 もちろん100が100、全部完璧に良い方を選択することなんかできない。でも、頑張って、しんどくてもより良い方を選ぶように頑張ろう!

 

参考 母さんの「あおいくま」 コロッケ著 (新潮文庫

 

参考に過去の記事を貼りつけておくね。

nikkokun0103.hatenablog.jp

 

あ・お・い・く・ま・・・「くさるな」

陽はまた昇る!
くさらずに明日に向かって頑張ろう!

 

 人間誰でも、自分の思うようにいかないことがあったり失敗したりすると、へこんだり、自己嫌悪(じこけんお=自分で自分がいやになること)に陥(おちい)ったり、自暴自棄(じぼうじき=自分の思い通りにならなくてやけになること)になって「もうどうでもいいや!」って思ってしまうことはあることだ。

 

 そんなことないって?

 

 もし、そうなったことがない人がいたら、それは、よっぽど強くて素晴らしい人か、はたまた運のいい人か、単に自惚れ(うぬぼれ=実際以上に自分のことが優れていると思っていること)が強い大バカ者だね・・・。

 

 お父さんも、「オレってダメだな~、なんもできないな~」って思ったり、「何のために生まれてきたんだろう?」とか、自分に自信がなくなって悩むことがあるよ。

 

 でも、そこであきらめて何も努力しなくなったら、人生それで終わりだ。人生は厳粛(げんしゅく=まじめできびしいこと、動かしがたいこと)だ。自分が、人生という舞台から降りたらそれで終わり。誰も変わってくれない。仮に、誰かがあなたたちの代わりに努力して、あなたたちの人生を良いものにしてくれようとしたとしてもそれは無理だ。

 

 人生という舞台で演じられるのは自分自身だけ。演劇なら代役で何とかなるだろうけど、人生はそうはいかない。誰かに代わってもらうことはできないんだよ。

 

 まして、自分の思うように物事がうまくいかないからと、くさってしまって、しかも、うまくいかない理由を他人のせいにしたり、自分以外の周りの環境のせいにしているようでは、悪くなることはあっても良くなるはずがない。

 

「天は自ら助くる者を助く」という言葉がある。「神は、人に頼らず自ら努力する者にすすんで助力する。」という意味だ。結局は、良くなるのも悪くなるのも自分次第ということだ。

 

 だから、うまくいかないことがあったり、何かを失敗して自信がなくなることがあったとしても、けして、くさることなく、少しづつでいいから前を向いて努力していこう。

 

参考 母さんの「あおいくま」 コロッケ著 (新潮文庫

 

あ・お・い・く・ま・・・「いばるな」

実れば実るほど頭を下げる・・・あんたはエライ!!

 

 「実るほど頭(こうべ)を垂(た)れる稲穂(いなほ)かな」ということわざがある。意味は、「小人物ほど尊大(そんだい)にふるまい、すぐれた人物になればなるほど、謙虚(けんきょ)になるものだ。」ということ。「尊大」は「自分がえらいと思って人を見下すこと」で、要はえらそうな態度を取ることだね。反対に「謙虚」は「素直で自分がえらいとは思わないこと」で、人に対してえらそうな態度を取らないことだ。

 稲穂は、実れば実るほど穂先をたれ、頭を下げることからこういうことわざができたらしい。見習いたいものだね。

 

 大じいさまの先生も「人間はえらくなるといばる。中身のないものほど飾りたがる。」とおっしゃっていばることを戒(いまし)められた。

 

 「能ある鷹(たか)は爪を隠す」ともいう。これは「真に優れた才能を持っている人は、日頃はその才能をむやみにひけらかすようなまねはしない」という意味だ。

 

 中身のない人間ほど地位や名誉をほしがり、また、地位や能力が上がると下の人を見下すようになる。人間、えらくなったら終わり。謙虚さがなくなると、自分が常に正しいと思ってしまってそれ以上の成長はない。そして、まわりの人との人間関係もうまくいかなくなってしまう。

 

 どんなに勉強やスポーツが人よりできようが、大人になってどんなに仕事ができて地位が上がろうが、力がつけばつくほど、能力が高くなればなるほど、人に対しては頭を低く、腰を低くしていかなければならないね。まわりの人の意見を受け入れる素直さが大切だ。前に「素直に受け入れる」という話をしたね。

 

 これは頭では分かっていても、なかなか態度で示すことは難しい。お父さんもついついえらそうな態度を取ってしまうことがあるから反省だ。気をつけます・・・

 

 まわりの人に対して、いばってばかりいたら最後には誰からも相手にしてもらえなくなってしまうから気をつけよう。

 

参考 母さんの「あおいくま」 コロッケ著 (新潮文庫

 

 

nikkokun0103.hatenablog.jp

 

あ・お・い・く・ま・・・「おこるな」

怒っちゃやーよ

 

 これも「短気は損気」ということわざがある。「短気を起こせばイライラしたり、まわりの人とうまくいかなかったりして、損をするはめになる。だから、短気には十分気をつけよ。」という意味だ。怒って腹を立てても何にもいいことはない。

 

 お父さんも仕事が忙しいときなどついイライラしちゃう。いけないなと思いながら、ついブツブツ文句言ったり、態度に出てしまったりしてしまう。それが相手に伝わると雰囲気が悪くなるし、ギクシャクしちゃうから本当に良くない。お父さんも反省だ。

 

 だいたい、よく考えたら怒ってる理由なんてたいしたことない事が多い。あなたたちの身近な例でいうと、買っておいてと頼んだものが買ってなかったり、朝起こして欲しいと頼んだ時間に起こしてもらえなかったとか・・・そんなもん自分で起きればいい話だね。

 

 友達関係でも、深刻ないじめを除けば、ちょっといやなこと言われたとか、されたとか。まあ、腹立つけど普通は命までとれられるようなことはまずないからね。

 

 大人になって仕事でもいろいろあるけどお父さんの口癖は「死なん、死なん。なんとかなる。」だ。今まで、腹立つこともあったし、いろいろ悩んだり苦しいこともたくさんあったけど、いつもそう思って乗り越えてきたよ。実際、なんとかなってきた。

 

 そして、何より同じ時間を過ごすのに腹を立ててイライラして時間を過ごすより、「アハハ、オホホ」と笑って過ごした方が同じ時間を過ごすのに得じゃないか!

 

 仮に友達か誰かとケンカしたとして、なかなか謝れなくて気をもんだり、仲直りするのに時間がかかるのは時間がもったいない。どこか気になって気持ちがすっきりしない状態が続くのはすごく残念なことだ。

 

 ホント、腹を立てて怒ってもいいことは何一つないから、腹立つときは早く怒りを自分の中に納めて次に進むことを考えた方がいいね。

 

 腹が立ったら、まずはなぜ自分が腹を立てているのか、何に腹が立っているのかその理由を考えてみよう。大抵のことは、(大げさかもしれないが)この宇宙の大きさから言ったら取るに足らないちっぽけなことだよ。そう思えば少しは腹も立たなくなる。

 

 腹が立ったときは、グッとこらえて一呼吸置いて冷静になれるよう自分をコントロールする力が身に付くように努力しよう。

 

 大人でも難しいけどね・・・完璧にはできなくても、少しずつできるようになるよ。

 

参考 母さんの「あおいくま」 コロッケ著 (新潮文庫

 

 

あ・お・い・く・ま・・・「あせるな」

「青い熊」⁉
うちにはいなかった…
今回は、ディズニー映画「モンスターズインク」のサリーさんに登場してもらいました!

 

 「あおいくま」って知ってる?

 

 別に本当に青色の熊がいるわけじゃない。これはタレントのコロッケさんが子供の時にお母さんから教えてもらった言葉だそうだ。コロッケさんは『母さんの「あおいくま」』(新潮社)という本も出しているね。お父さんは一度読んだことがあるよ。

 

 コロッケさんは、子供の頃、貧しくてお姉さんと二人で一杯のラーメンを二人で分けて食べたそうだ。そんな貧しさの中でもお母さんは明るく、また、礼儀やしつけに厳しい人で、そのお母さんが「あおいくま」を教えてくれたんだって。

 

 芸能界は、テレビなどで一時は人気が出て有名になっても、いつの間にか売れなくなってテレビで見なくなる人がたくさんいる。コロッケさんが、そんな厳しい芸能界の中で何十年も第一線で活躍してこられたのは、きっとお母さんの「あおいくま」などの教えがあったからだね。

 

 「あおいくま」の意味は・・・

 

あ = あせるな

お = おこるな

い = いばるな

く = くさるな

ま = まけるな

 

という意味。どれも大事なことだね。

 

「あせるな」

 昔から「急(せ)いては事をし損じる」ということわざがある。意味は「あせって事を急ぐと、とかく失敗がちなもの。だから、急ぐときほどじっくりと落ち着いて対処せよ。」と辞典にある。

 

 物を買うにも、一時的な「欲しい!!」という気持ちで買ったはいいものの、少し時間がたってよくよく考えたら「なんでこんな物買ったんだろう?」なんてことはよくある。逆に買うのを我慢して時間をおいたら、「ああ、買わなくて良かった・・・」ってこともある。

 

 世間を騒がせている「振り込め詐欺(サギ)」などの詐欺事件も、被害にあった人は、びっくりしてしまってよく考える時間や人に相談することもなく、あわてて対応して引っかかってしまうケースが多いようだ。

 

 何かに失敗した時や自分の思うようにいかないことがあったとしても、それをすぐに取り返そう、解決しようとして、あわててあれこれとジタバタ動いて、かえって結果が悪くなることはよくあることだ。

 失敗した時やうまくいかないときほど、いったんそれを素直に受け入れて、一度落ち着いて冷静に考えてから、次の行動に移すようにしよう。

 

 だから、物事を行うときはあせらずによく考えて行動するようにしてね。

 

 ま、言うのは簡単だけど・・・なかなか難しいよね。

 お父さんんも難しい!!

 

 

批判だけなら誰でもできる

寛容で器の大きい人間になってね!

 

 インターネットの話の中で「他人の悪口を絶対にネットに上げない」という話をしたね。これはネット上のことはもちろん現実の生活の中でも同じことだ。とはいえ、お父さんもテレビ見ながらブツブツめちゃくちゃ批判してる・・・。

 

 ただ、お家でテレビを見ながら一人で文句を言ったり、悪口を言う分にはそうたいしたことはない。(まあ、行儀は良くないし、まわりの家族はいい迷惑かもしれないけど。たまにお父さんもあなたたちから注意されるね・・・)

 

 批判するだけなら誰でも簡単にできる。例えば、新型コロナウィルスの対応にしても、国の政治や県や市、保健所などの役所の対応、病院などの医療機関、コロナにかかった人に対して、「もっとこうすればいい、ああすればいい」「何やってんだ!」って言うのは簡単だけど、自分がその立場だったら完璧にできるのか?それはなかなか難しいと思う。

 

 もちろん問題があれば、その原因が何なのか、どうしたら解決できるのかを考えて改善できるように努力することは大事だよ。でも批判だけではどうにもならない。

 

 本来、誰かを批判するなら責任と根拠をもって、しかも相手が反論できる状態で批判すべきだと思う。

 

 テレビを見てると、よくワイドショーなんかで評論家やコメンテーターが芸能人の不倫や不祥事、その他のことでもいろんなことを一方的に批判してるけど、それを批判してる人たちはどれほど立派な生活をしてるんだろう?と思ってしまう。もちろん、悪いことをした人を褒めることはできないけどね。

 

 完璧な人間なんていない。その完璧でない人間が考えてやることには限界がある。批判するのは簡単だけど自分が逆の立場だったらという想像力が必要なんじゃないかな。

 

 他人の間違いを批判するのは簡単だ。しかし、自分も間違うこともある。間違いのない人間なんていない。相手の間違いを受け入れる寛容さが大事。そして、自分に対する批判は素直に受け入れ、間違いがあれば反省して次に同じ間違いをしないように気をつけること。(参考に過去の記事を貼っておくね。)

 

 「寛容」とは、「心が広くて、よく受け入れること。人のあやまちをとがめず許すこと。」と言う意味。

 

 自分のことを棚に上げて他人の批判ばかりするような人間は単なるクレーマーだ。

あなたたちはそんな大人にならないようにしてね。



 お父さんもなるべく気をつけます・・・

 

 

nikkokun0103.hatenablog.jp

 

nikkokun0103.hatenablog.jp

 

インターネット②

インターネットの光と影・・・
良く考えて使おう

 

つづき・・・

 

③ 他人の悪口を絶対にネットに上げない

 前回も言ったとおり、ネット上に広がった情報は消すことができない。これは、住所・氏名や写真などの個人情報に限らず、「書き込み」も同じだ。

 仮に自分の「書き込み」を削除(さくじょ=消すこと)したとしても、相手が一度読んでしまえば、それを読んでいないことにはできない。また、削除する前の「書き込み」がどこかに拡散(かくさん=広がること)してしまえば、すべてを削除するのは不可能だ。

 だから、他人の悪口や傷つける「書き込み」は絶対にしないように。相手のことを知っている場合はもちろん、知らない人に対してもそういうことはしてはいけない。

 

 相手はいい気持ちがしないだろうし、場合によっては恨まれることもある。そして、どこでどんな仕返しや嫌がらせなどを受けるか分からない。自分が「炎上」(自分がネット上で他の大勢から悪口や批判を言われる)する可能性もある。

 

 前にテレビ出演していた女子プロレスラーの人が、ネット上での誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう=悪口やでたらめを言って他人を傷つけること)を苦にして自殺したというニュースがあった。本当にかわいそうなことだ。

 

 大じいさまは、「事実であろうがなかろうが他人をおとしめる行為は殺人行為と同じだ」と教えてくれた。実際に自殺にまでいたらなくても殺人行為と同じだ。だから、人の悪口や批判を軽々しくするもんじゃない。絶対にしないように。

 

 実際、本人を目の前にして言えるかい?本人を目の前にしても言えることならいいけど、前にも言ったとおりネットでは匿名(とくめい=自分の名前を隠すこと)でなんでもできるから、ついつい本音や本当だったら本人の前では言えないような言葉を簡単に書き込んでしまう。

 

 そもそもよほどのことがない限り「書き込み」をしないほうがいいと思うけど、どうしてもしたい場合は、相手のことを想像して、本人の前でも堂々と言えることかどうかよく考えてからするようにして欲しい。

 

④ ネットの情報を鵜呑みにしない

 ネットは、いつでもどこでも調べたいと思ったときに何でも調べることができるから非常に便利だ。ネット上にはいろんな情報があふれている。しかし、その情報が本当に正しいかどうかは分からない。玉石混淆(ぎょくせきこんこう=良いものと悪いものが混じっていること)で本当のことだけではなく、嘘や間違いも多い。

 

 だから、ネットでの情報は鵜呑み(うのみ=人の言うことをよく分かりもせずにそのまま受け入れること)にせずに、誰がその情報を発信しているのか、その情報はどういう根拠(情報のもとになる理由)に基づくものなのかよく調べてから信用した方がいいよ。

 一つの情報を信じるのではなく他にもいくつか調べてみた方がいい。ネットだけではなく本などのネット以外の物を使って調べることも大事だね。とにかく何でも信用するのではなく、まずは本当かどうか疑ってみることが大事だ。

 

 ネットは上手に使えば非常に便利だけど、何も考えずに使うと詐欺(さぎ)や脅迫(きょうはく)などの被害にあったり、逆に知らない間に犯罪に巻き込まれて、自分が犯罪者になって他人を傷つけたり損害を与えてしまう可能性もある。だからネットを使うときはよくよく注意して使って欲しい。

 

まとめ

 

繰り返すけどこの4つは必ず気をつけること!!

 

① 知らない人とはネット上で絶対につながらない

② 住所・氏名・写真などの個人情報が分かるものは絶対にネットに上げない

③ 他人の悪口を絶対にネットに上げない

④ ネットの情報を鵜呑み(うのみ)にしない